中国語を学ぶ
中国語を学ぶ
Soma - The Strokes
Soma - The Strokes
竹内 力 旨チョコミルク
竹内 力 旨チョコミルク
Voltes V 超電磁マシーン Theme Song (Karaoke カラオケ Version)
Voltes V 超電磁マシーン Theme Song (Karaoke カラオケ Version)
【MAD】 マリア様がみてる 「MY FRIEND」 (曲:ZARD/マイ フレンド)
【MAD】 マリア様がみてる 「MY FRIEND」 (曲:ZARD/マイ フレンド)
TV Anime
TV Anime"スキップ・ビート!(Skip Beat!)" Opening"Dream Star" Full ver. Artist:the generous
彩音 Memories Off 5 - Togireta Film OP ORANGE Full ver.
彩音 Memories Off 5 - Togireta Film OP ORANGE Full ver.
【CHIPTUNE】GameMusic SMAF Data Medley Comiket74
【CHIPTUNE】GameMusic SMAF Data Medley Comiket74
ハロモニ@ MouTubeツボツボマン 高橋愛 道重さゆみ
ハロモニ@ MouTubeツボツボマン 高橋愛 道重さゆみ


Memories Off #5―Promise&Wish
 メモリーズオフ5の『途切れたフィルム』が始まる以前の物語が綴られています。ゲーム本編に出てくるヒロインは全員出てきますが、メインは日名あすかと仙堂麻尋の2人です。ゲーム本編をプレイしていない方でも、普通の小説として読むことが出来ます。 
 面白さはタイトルのように普通と感じました。ストーリーは過去と未来が複雑に入り組んでいて凝っている作りですが、とても面白いとは言いにくいです。読んだ限りではいたって普通の小説です。ネタばれになるので内容は敢えて伏せますが、つまらないと言うことは言えないのですが、とても楽しめるとも言えないです。しかし購入しても損はしない作りにはなっています。ゲーム本編をプレイしていないのでなんとも言えないのですが、ゲーム本編をプレイした方なら新たな発見があって楽しめるかもしれません。
 興味がわいた方は是非、ご一読をしてみてはどうでしょうか?

 

101回目のプロポーズ [DVD]
初めてこのドラマを見たときは中学生でした。今自分は三十路。ドラマの中の矢吹薫(浅野温子)と同じ歳になってまた見たくなりアマゾンで購入。2晩に分けて見ましたが、一瞬で初めて見たときのあの感動がよみがえりました。

今回DVDを見て気づいたことがあります。それは浅野温子と武田鉄矢の純粋な恋愛ドラマ以外のストーリーです。例えば江口洋介は武田鉄矢の弟役としていつも兄を心配する優しさを見せてくれます。何度も兄の武田鉄矢をかばうシーンがありますがとても感動します。
最初は浅野温子に求婚をしていた竹内力は途中まで嫌な役ですが途中から潔く身を引き、浅野温子のよき理解者、そして武田鉄矢にエールを送る好青年です。
私が一番気に入ったのは江口洋介と田中律子の仲です。気づかぬ内にお互いに惹かれ会っている二人。とても甘酸っぱい気持ちに成りました。

そして武田鉄矢の、なにがあってもどんな時でも浅野温子を思い続ける誠実さには脱帽です。かっこいいセリフだけではない。みんなの体当たりの演技がとてもいい!
浅野温子のあの涙は本当に流れているんだろうなと思わせてくれます。大好きな恋人を結婚式当日に失う辛さ。やっと誰かに恋できるようになった直後に、昔逝ってしまった恋人と瓜二つの人と出会う。まさに「息が止まる」思いでしょう。
最近のドラマではここまで色々な役に個性を持たせていないような気がします。そしてこの101回目のプロポーズはいつまでも色あせない名作です。このドラマで使われていた SAY YES は結婚式で使わせてもらいました。このドラマを見たときからいつか結婚したらこの歌を流したいと決めていたので。絶対に損はないです。見てみてください。

 

ハロハロ!モーニング娘。6期メンバーDVD
一連の「アロハロ」「ハロハロ」シリーズが同類項ならば、このDVDは間違いなく最高傑作です。

他の「アロハロ」みたいな企画やストーリーは一切無し!
ただひたすら6期新メンバーの田中・亀井・道重3人の少女の素の姿を追っかけています。
南国ではしゃぐ3人娘はまさに天使です。
水着も一杯披露しており、とってもお買い得!

実に買い手の心理を心得てますね♪
近い将来モー娘のみならず、ハロプロの主要メンバーとして益々期待できる仕上がりです。

このDVDが発売されて早や3年。
今のこの3人の成長(女らしくなっているの意)ぶりと、このDVDの初々しいときの彼女達を見比べるのも一興です。

 

Sa・Ga 全曲集
残念ながら魔界塔士Sa・Gaはプレイしたことがないのでサウンドもわかりませんが、
Sa・Ga2「秘宝伝説」とSa・Ga3「時空の覇者」のサウンドは懐かしさいっぱいで聴かせて頂きました。
何というか、音質は安っぽくても全然気にならないんですね。
聴いていると、ゲームボーイを握り締めて夢中でプレイした頃の記憶が次々とよみがえるのです。

「秘宝伝説」はゲームクオリティやサウンドなど、すべてにおいて高評価を得た作品でした。
その評価がしかるべきものなのかは、少なくともサウンドについてはこの作品で確認出来ます。
「時空の覇者」は「秘宝伝説」の評価があまりに良かったためか、すべてにおいて汎用な評価を下されました。
しかし、シナリオはもちろんサウンドだって良いものはあります。

個人的なお勧めは、

「秘宝伝説」・・・【必殺の一撃】(通常の戦闘シーンで使用)
「時空の覇者」・・・【ラグナの宮殿】(ラグナの宮殿、事実上のラストフロアで使用)

です。
本作品を聴いているうちに、あなたも久々にゲームをプレイしたくなるかも!?

 

超合金魂 GX-31V ボルテスV RESPECT FOR VOLT IN BOX
06年に超合金魂版のボルテスが発売され、店の硝子の棚に展示してるのを見て買うかどうしょうか滅茶苦茶迷った!でも最終的には買わなかった!何かもう1つ決め手が足りなかった!そのお蔭でリニューアル版を買う事が出来て良かった!いくら昔のボルトインボックスを彷彿させる出来とは言ってもカラーリングと仕様の変更だけで、大きさまではリスペクト出来なかったみたいで少しガックリ!この超合金魂シリーズは物によって昔の超合金より大きくなった物があれば逆に小さくなった物もある!小さくなったのがコンバトラーとボルテス!ただでさえ出来の良さがアップしてるのに大きさまで昔の超合金の様に大きく造るとかなりコストがかかって売り値が上がるからだと何かに書いてあったのを見た事がある!コストがかからない様に少し小さくしてるらしい!まぁその変わりに重戦車形態に出来るから是非コンバトラーVのグランダッシャーと並べたい!ダイモスもあるからこれで長浜作品が全て揃い、子供の頃に親に買って貰えず叶わなかった事が実現出来た!


 

道重さゆみ写真集『LOVE LETTER』(DVD付)
キレイになったな〜。興味無かったけど、好きになった。表紙最高。衝動買いでも正解。全編水着でも良かったのに…。

 

パーフェクト・パフォーマンス ― バックストロークブレスト編 [VHS]
平泳ぎは、長島弘子ソウル・オリンピック代表選手。背泳ぎは、空岡京太バルセロナ・オリンピック代表選手。二人の最高のスイマーたちが教える最速のテクニック。美しく、しなやかなスイムを段階的にマスターできるようプログラムされたビデオです。何度も見てイメージ・トレーニングすれば、上達間違いなし。

 

かめくん (徳間デュアル文庫)
何てことはない普通の生活を送る日々。
しかしそこに妙にひっかかる違和感。
淡々と進む中に時々凶器めいた光がチラつく。

極上。何度でも読める。そんな作品です。
その他に関しては語るべき作品ではありません。
と思っています。


 

SuperLite 2000 恋愛アドベンチャー Memories Off~それから~
メインは、良いんだけどさ、世のギャルゲー大好きっ子はそんなに妹に(例え血は繋がってなくても幼き頃から生活を共にしたのならそれは兄妹であると思う、幼なじみ然り)「お兄ちゃん」と甘い声で呼ばれたいのか?ドジッ子妹に頼られたいのか?いいかげんこのシチュエーションに嫌悪感を表すの辞めにしたほうがいいのか?わたしが間違っているのか?
勿論いつも言うように好きな人を非難するつもりはないのだが。

間違いとわかっていて楽しむ分には良いのだがこれは教育によくないだろ。ある種セクハラであると認めるべきだな。

寒い朝失恋した兄を元気づけようとやって来た妹は、ぐっすり寝ていた兄の布団に暖かそうだという理由で潜り込む 。
やらせるほうもやらせるほうだし(作った側)これを異常と言わずなんという?そしてこれは序章にすぎないのである。

これは男のファンタジーと割り切る方が吉なのだろうか。
わたしは割り切れないし寒気と気色悪さに「またかよ」という思いで本当にがっかりだ。いや全然メイン食う退きだったぞ。

「このゲームはホラー表現が含まれてます」のように「このゲームには妹萌え、ロリコン要素が含まれてます」と表記すべきだな。そうとわかったらこっちだって2度とこの手の作品には触れないと言えるし文句だって言わんよ。

メモオフとしての評価も今作は、わたしの中で下の方である。
わたしが求めていたメモオフとは、リアリティである。ありそうなシチュエーションやなんかから生まれるドラマを楽しむものだった。しかしわたしにとって今作そんなリアリティなんか引き継がれているものの、登場キャラクターにまったくもって感情移入出来ないものであった。なぜなら今作に出てくる女の子の行動言動は、全くもって現実離れしているのだ。今作で描かれている女性は絶対いないと断言出来るのだが、どうだろう?ということでわたしは、メモオフの良さであった現実味を全く感じることが出来なかった。

まさに今作は男が作った男の夢想世界であると思うV
好きな人はどうぞ。
ちなみにわたしの評価は、2nd>3rd>1st>5th>4th である。

 

Is This It
70'sパンクの持つ原初的な衝動性と、80'sニューウェイヴ・サウンドのキャッチーさを融合させ、
00's型のポップソングとして表現したところに、このバンドの凄さがある。

ローファイなサウンドは、バランスが悪いと言えなくもない。
しかし、そのバランスの悪さが、逆に各パートの存在感を際立たせ、
音楽にリアリティを与えている。

縦に刻むリズムを骨格にして音楽を構成していく手法は全曲共通だが、
巧みに緩急・陰影を付け、全11曲、計36分を駆け抜けていく。

そのあまりの完成度の高さにはため息が出る。